アトピーの悩み

一昔前よりもアトピーで悩んでいる人や子供が増えていると感じている人は少なくないでしょう。確かにおじいちゃんおばあちゃんの世代ではアトピーで悩んでいるという話をあまり聞いたことがないのに、最近では小児アトピーで悩んでいる人が周りに結構いるという状況かもしれません。こうしたアトピーやアレルギーはどうして増えてきてしまったのでしょうか。基本的にこうした現象は先進国を中心に見られる状況と言えるようです。

こうした身体の変化に大きく関係していると考えられているのが食生活の変化です。日本の食生活はどんどんと欧米風になってきたわけですが、ジャンクフード、ファストフードを日常的に食するようになったことも体調の変化に関係していると言われています。ですからアトピーやアレルギーに悩んでいる人にとってどんな食生活を心がけるかは非常に重要なポイントだということがわかります。食生活を整えるだけでも改善が見られるケースも少なくないようです。

また現代社会では抗生物質を用いて病気の治療をすることが多いです。特別な病気の場合ではなく、熱が高いときなども抗生物質を使用することがあると思いますが、子供のころから当たり前のようにそうしたお薬を用いることが、体内のウイルスを殺すと同時に、免疫機能を整えてくれるはずの常在菌まで殺してしまうために、アトピーやアレルギーの原因となっているのではという意見もあるのです。いずれにしても食から医学まで様さまざまな環境の変化でアトピーが増えてきているのでしょう。

Pocket